花粉症について

日本人の5人に1人が花粉症

日本における花粉症患者の数は増加の一途をたどっており、今や5人に1人が花粉症と言われます。まさに"国民病"の観さえ呈しています。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など、さまざまな要因が考えられていますが、基本的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が著しく多くなっていることが大きな原因とみられています。

花粉が原因のアレルギー性鼻炎

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまり、などの症状を引き起こします。
スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

花粉症の治療法

アレルギー反応は、その原因である様々な抗原がマスト細胞という細胞からヒスタミンなどを放出することにより起こります。抗アレルギー剤は、このマスト細胞が物質を出さないように抑制する薬です。そのため、アレルギー症状が始まる前から使うと、さらに効果的です。

眼科ではアレルギー性結膜炎が有名で処方される点眼薬には、抗アレルギー点眼薬と副腎皮質ステロイド点眼薬(ステロイド)があります。
抗アレルギー点眼薬は、抗ヒスタミン作用を主とするもの(ヒスタミン拮抗薬)と抗ヒスタミン作用はないですがヒスタミンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)の遊離抑制作用を主とするもの(ケミカルメディエーター遊離抑制薬)に大きく分けられます。

ヒスタミン拮抗薬

出てしまった痒みの原因物質(ヒスタミン)を抑制し、症状を緩和するための薬です。
シーズンに突入してすでに起こっている アレルギー反応にもすばやく効果を発揮し、かゆみや充血などの症状を速やかに改善します。

化学伝達物質遊離抑制薬

ケミカルメディエーター遊離抑制薬は効果が発現するまでに時間がかかりますので、すでに起こっているアレルギー反応にはやや効果は弱いです。しかし季節性アレルギー性結膜炎の場合には、アレルギー反応が繰り返して起こりますので一定の有効性を期待できると考えられます。

以上のようにアレルギー性結膜炎には、まず抗アレルギー点眼薬を第一選択薬として使用します。鼻炎の症状には抗アレルギー薬の内服薬も効果的で、症状が出る前に使うと、予防効果もあります。

ステロイド薬

症状が強い場合はステロイド点眼薬を併用することもあります。但し、ステロイド点眼薬は眼圧が上がるなど副作用が起こることがありますので、症状が軽くなれば 中止するか点眼回数を減らすように調節します。

セルフケア

花粉が多く飛散している日には外出を避ける、ゴーグルやマスクで防ぐといった対処も効果的です。また、シーズン中は酒量を控えるなどの体調管理にも気を配ることが大切です。

初期療法について

花粉が飛び始める時期は、毎年だいたい一定しているので、その季節に先がけて、症状が出る前に抗アレルギー薬の飲み薬を服用したり、点眼薬や点鼻薬を使用したりすることで症状がコントロールしやすくなり、強い薬を使わずに済むことがあります。
従って毎年激しい症状が見られる患者様には症状の重症化を抑えられるので初期療法は有効と考えられます。

  • モバイルサイト 携帯サイトへのアクセスはQRコードからが便利です
  • 患者の気持ち